Dr.経費精算の特徴は?

まとめ
  • データの入力・チェック・領収書保管を完全に代行
  • オペレータによる領収書データ化制度99.9%
  • 使いやすい画面構成
Dr.経費精算が向いている企業
  1. 経費を現金で支払うことが多い企業
  2. 手書きの領収書が多く発生する企業
  3. 経理部門の負担を減らしたい企業
  4. 電子帳簿保存はまだ様子見、よくわからないという方

Dr.経費精算の特徴は?他のサービスとの差は?

Dr.経費精算は、単なる経費精算システムではありません。
入力やチェックを担当してくれる従業員のように、経理担当者の代わりに働いてくれる「経費精算業務のアウトソーシング」です。

その意味を、解説していきましょう。

精度99.9%!領収書からのデータ化は、本当に写真を撮るだけ。

領収書をスマホで撮影するだけで「金額・日付・支払先」などの情報がデータ化される、という機能。
現在主流の経費精算サービスでは当たり前のように搭載されるようになりました。

大量の領収書の文字を目で見て手で入力する、という手間が省けるのでとてもありがたい機能です。

この機能は多くの場合、機械による文字認識技術(OCR)によって実現されています。

ですが、ここに落とし穴があります。

OCRの技術はまだ発展途上で、読み取った文字や数字が間違っていることが珍しくありません。
そもそも、手書きの領収書などは、よほど字が整っていない限り読み取ることすらできません。

写真を撮った上で、結局目で見てデータを修正する必要があるので、実は期待するほど大きな効率化は望めません
それどころか、申請前にデータのチェックをしない営業社員が一人でもいると、入力ミスの温床になりかねません。

そうすると、チェックと差し戻しの手間がかかってしまいかえって非効率になってしまいます

一方、Dr.経費のアプリでレシートを読み込むと、画像データが人間のオペレーターに送信され、データの入力を行ってくれます。 その制度はなんと99.9%!

何も考えず、本当に写真を撮影するだけで正確なデータが作製されます。
これで修正の手間とは無縁になりますね。

領収書の保管も代行!電子帳簿保存の穴

「電子帳簿保存法に対応!」

「領収書の保管はもう不要!」

「ペーパーレス化!」

経費精算ソフトの紹介でよく目にする謡い文句ですが、ここにも落とし穴があります。

なんと「領収書を受け取ってから3営業日以内にデータ化をしなければならない」というルールがあるのです。
写真をカメラで撮るだけとは言え、このルールを営業担当者全員に浸透させるというのは、なかなかに高いハードルです。

また、いきなり紙での保存を完全に撤廃することに不安を持つ経営者や経理担当も多いはずです。
「電子帳簿保存に興味はあるけど、紙の帳票も一応残しておきたい」
これが本音ではないでしょうか。

そこで、Dr.経費精算では紙の領収書の保存を代行するというサービスを提供しています。
営業担当者は3日ルールなど気にせず領収書を撮影し、あとは専用のポストに投げ捨てるだけ。
経理担当者は、領収書の内容を見たり・整理することなく、ポストの中身を郵送すれば完了です。

法定に基づき、10年間倉庫に保存してくれます。

原本とのデータ突合まで代行!もはや経理部がやることがなくなっちゃう!?

さらに嬉しいのがデータとの突合チェックの代行サービス。
送った領収書と、Dr.経費精算のシステムに申請されたデータの突合チェックまで行ってくれるので、経理担当者の負担が激減します

税務調査が来たときにも、すぐに原本を取り寄せることができますので安心です。

このように、テクノロジーやシステムの限界を、仕組みと人の手でカバーする。
経費精算単純なシステムの枠を超えた、まさに「経費精算業務のアウトソーシングサービス」ですね。

使いやすく設計されたインターフェース

もちろん、経費精算システムとしての機能も、他社に引けを取らない水準になっています。

  • スマホで交通系ICカードの明細読み取り
  • モバイルSUICA・PASMOとの連携
  • クレジットカード・コーポレートカードとの連携
  • 部門やプロジェクトごとの集計
  • お使いの会計システムに合わせて仕訳データを自動作成
  • 電子帳簿保存法への対応
  • 日当自動計算機能
  • 外貨対応
  • 金額・科目・負担プロジェクト等による承認経路の条件分岐

何より、画面が見やすく、使いやすいのも特徴です。 ITが苦手という方にも使いやすく設計されているので、導入時の教育コストも少なくて済みます

Dr.経費清算の料金プラン

実際に使ってみたレビュー

オペレーターの手入力がある分、領収書のデータ化には数日ぐらいはかかるかなと思っていましたが実際は1日もかからず完了しました。
入力の楽さもありますが、裏に人がいて入力をしてくれている、という安心感があるのがいいですね。
まるで、秘書がついたような気分です。

機能は必要十分で、中小企業には十分だと感じました。
ただ、細かい機能やカスタマイズ性では楽楽清算に劣るので、「経費精算だけじではなく、いろいろな稟議が社内に飛び交っている」「今まで使っていたExcelの操作感に近いほうがいい」という方は、楽楽精算も検討して比較してみることをおすすめします。

楽楽精算の紹介記事はこちら

結論

経費精算業務の代行、という意味では唯一無二のサービスですね。
現金払いや手書きの領収書が大量に発生する会社の場合は、導入すればかなりの効率化が見込めます。

キャッシュレスや電子帳簿保存への完全対応はまだ不安だけど、経理部門の負担は減らしたいというのであれば、最適解になりうるのではないでしょうか。

気になった方は30日間の無料お試しができますでの、是非申し込んでみてください。

無料登録はこちらから↓